来週は健康診断|糖尿病が気になる人は水素水で予防

来週は健康診断|糖尿病が気になる人は水素水で予防

来週の健康診断までに糖尿病だと診断されない方法はあるか?
数年前でしたが、わたしの父からそんなことを言われました。

 

なんでも、前回の健康診断のときに血糖値が高く食生活の見直しをしたのですが、
それでも糖尿病と診断されてしまうのではないかと心配とのこと。

 

お腹 男性

 

実家に行くと必ずスナック菓子とポカリがあるので、いつかなるとは思っていました。
正直、よくここまで糖尿病にならなかったと逆に感心します。丈夫なんでしょうね。

 

話がそれましたが、1週間やそこらで血糖値を急激に下げることが出来るのであれば誰も苦労しないのです。

 

ただ、最近注目を集めている水素水には糖尿病を予防する効果があるそうです。

 

実際、治療に水素を取り入れている病院もあるんですよ。

 

水素水を飲むだけで少しでも改善できるなら嬉しいですよね。

 

ここでは、水素水と糖尿病の関係についてご紹介します。

 

そもそも糖尿病の原因って?

 

糖尿病はインスリンの分泌量の低下が原因です。
インスリンは、すい臓のβ細胞と呼ばれる細胞から分泌され、上昇した血糖値を下げる働きをするものです。
インスリンの分泌量が少なくなると、血糖値を下げることができなくなります。

 

β細胞は活性酸素に弱い

 

実はこのβ細胞、悪玉活性酸素に非常に弱いです。
悪玉活性酸素とは紫外線やストレスを受けた時に発生するもので、
溜りすぎると自身の細胞を攻撃してしまう困った細胞。

 

悪玉活性酸素に攻撃されたβ細胞は機能を損ないます

 

水素水は悪玉活性酸素を取り除く

 

水素水には、細胞を攻撃する悪玉活性酸素を除去する効果があります。
インスリンを生成するβ細胞が傷つくことを未然に防ぐことが期待できます。

 

水素水は補助程度

 

いくら水素水を飲んだとしても糖分の高い食事をしていては意味がありません。
糖尿病の予防改善の基本は食生活の見直しです。

 

食事療法の他にも何かしたい!というひとは水素水を試してみてはいかがでしょうか?